コンタクト

メールアドレス:

1行紹介

みんなで笑てみると… 意外に楽しくなっている自分にびっくりしちゃいます

自己紹介文

 2007年10月にラフターヨガに出会い、一番最初にあった講習会が東京八王子で行われるリーダー養成講座でした。

 まだまだ、関西では関西ラフタークラブがあるだけの黎明期でした。

 10月の第2回リーダー講習会に行ったものの、家事都合で初日に帰阪。
翌年1月に第3回のリーダー講習会の再受講を許されて、晴れてリーダーに(ヤッター!)

 関西と神戸ラフタークラブで修行を積んで2008年4月から大阪ラフタークラブを開催することとなりました。
 
 その少し前、3月にインドからマダン・カタリアとマデュリ・カタリアによる第4回リーダー講習会が開催され、それにも参加したので、2(の一部)~4期のリーダーと心安くさせてもらっています。

 「人生は、重い荷物を背負って坂道を登るようなものだ」
とか
 「人生は下るエスカレーターに乗っているようなものなので、上りつづけなければ、あっという間に下ってしまう」
とかいって、休むことに恐怖感を感じてしまうフレーズにあふれています。

そういって、がんばって、がんばって、息が詰まりそうになっている時に、ラフターヨガは、心の芯を温めて苦しくがんばることから、楽しくがんばれるようにシフトさせてくれるかもしれません。

私は、最近そんな気がしています

興味のあること

*ラフター(笑い)ヨガ